楽器カタログの世界 - サイトトップ
楽器カタログの世界 Top > キーボード > コルグ > 1980





















KORG microPIANO
KORG microPIANO


Roland Jupiter-80
Roland Jupiter-80


Korg monotron DELAY
Korg monotron DELAY


Korg monotron DUO
Korg monotron DUO


Roland GAIA SH-01
Roland GAIA SH-01


Korg monotribe
Korg monotribe


MFB Kraftzwerg
MFB Kraftzwerg


Roland Juno-Di
Roland Juno-Di


MFB Microzwerg
MFB Microzwerg


Doepfer Dark Energy
Doepfer Dark Energy


Waldorf Blofeld Desktop
Waldorf Blofeld Desktop


Roland Juno-Gi
Roland Juno-Gi


MFB Megazwerg
MFB Megazwerg


Moog Slim Phatty
Moog Slim Phatty


Korg SV1-73R
Korg SV1-73R


Roland Juno-Stage
Roland Juno-Stage


Rolrand VR-700
Rolrand VR-700





表紙です。PS-3300のパネル面のアップです。










使用アーティストとして、キース・エマーソンが紹介されています。



フラッグシップモデル、PS-3300です。48鍵分のモノフォニックシンセを詰め込むという力技を使って、さらにそのモジュールを3台搭載しています。
とはいうものの、PSシリーズのオシレータはパラフォニック方式で、鍵盤数分のVCOを持っているわけではありません。



16個までのプリセットが可能な、完全ポリフォニック(48音)シンセサイザーです。ツマミの位置を記憶するのにA/Dコンバーターを使っているようで、メモリー可能なつまみが全てボリュームになっています。例えばVCOの波形やフィート選択も、スイッチではなく、ボリュームの位置から決定されるというもの。初めてカタログを見て、なんでだろう?と思ったものです。



完全ポリシンセPS-3100と、PSシリーズ用アクセサリー。



リニューアルモデルも出たオルガン、CX-3が登場しています。専用スタンド(足)が、ちょっとレトロな感じがしますね。



ポリフォニックシンセサイザーにストリングスが一体化。となっていますが、ここで言うポリフォニックシンセサイザーとは、方形波の分周と、その加算による音源のことを指しています。VCO、VCF、VCAからなるいわゆるシンセサイザーとは違います。



タブレットスイッチでトーンを選択できる、プリセットタイプのポリフォニックキーボード KORG 凵iラムダ)。



プリセットタイプのモノフォニックシンセサイザー KORG Σ(シグマ)と、M-500SP、800DV、770、PE-2000、PE-1000。有名なミニコルグはカタログから落ちています。



ギター・シンセです。要はF/Vコンバーターを内蔵して、ギターなどの楽器用に特化したモノフォニックシンセサイザーですね。



ここでやっとMS-20、MS-10の登場です。このころは既に新機種ではなくなっています。



ボコーダーVC-10と、シンセサイザー用周辺機器 MS-04、MS-03、MS-02、MS-01。



アクセサリー類。



BBD方式のディレイ SD-400、SD-200と、テープエコー SE-500、SE-300。



リズムマシン KR-55、KR-33、MP-120W、MP-120P、MP-7、MP-45、MP-35、MP-J、およびエコー付きボーカル用ミキサーアンプEM-570とスピーカーSP-2035。



チューナー WT-12、GT-6、リズムトレーナーRT-10、電子音叉 KORG QUARTZ、和楽器用チューナー WT-13 "調べ"。






価格表は別紙になっています。PS-3300が120万円・・・。MS-20は9.8万円、MS-10は5.35万円となっています。