楽器カタログの世界 - サイトトップ
楽器カタログの世界 Topキーボードヤマハ > 1985
表紙です。薄い紙を使っているので、裏が透けてみえます。
以前のような、キーボードでプレーヤーの周りを取り囲むようなディスプレイはしなくなりました。MIDIを使ったスタジオの黎明期のような感じです。
怪物FMシンセDX1を筆頭に、おなじみのDX7、DX9。DX5が登場しています。
FMシンセシスの説明が詳しくされています。カタログにこれだけ音作りの説明のページを割くということから、いかにFMシンセシスが新しい方式であったかということがわかります。
FMシンセシスの説明の続き。ここではアルゴリズムについて説明しています。
DX1、DX7、DX9のスペックに続いて、DX7用のROMカートリッジ。エディットの難しさから、DX7は多数の市販ROM音色カートリッジを生み出しました。シンセのデータを売るという考えの始まりは、このへんにありそうです。引き続きリモートキーボードのKX5、KX1。MIDIが導入されたことで、リモートキーボードもスマートになりました。
現在でも使っている人も多いのではないかと思われる、マスターキーボードKX88。マスターキーボードの始祖もこのへんでしょう。
PCMリズムマシンRX11とRX15。
MSXのコンピューターを独自に拡張して、音楽用のコンピューターとして使えるようにしたのがCX5F、CX5。
高級シーケンサーQX1と、7シリーズの名前を冠されたQX7。
MIDIが開発されたことで、音源モジュールという考え方が生まれました。TX816は、DX7を8台分装備したのにあたるという豪華なユニットです。他に、DX7の音源部を取り出したTX7など。
エレクトリックグランドは、グライコを装備したDシリーズが登場。CP80DとCP70D。
FM音源のピアノ、PF15、PF12、PF10。PF15は88鍵ウェイテッド鍵盤、PF12は76鍵ウェイテッド鍵盤、PF10は76鍵ノンウェイテッド鍵盤。私はPF12を所持していた時期があります。エレピ系の音はさすがFM音源という感じでしたが、アコースティック系はイマイチだったと記憶しています。コーラスは搭載していましたが、トレモロも搭載して欲しかった。いずれの機種もMIDIは非搭載です。続いてローコストピアノ、CP7。
各種アクセサリーに続いて、4トラックカセットデッキMT44DとミキサーRM602。TASCAMなどのように一体化させていないところが独特です。続いて、キーボードアンプとエフェクター。
1985年2月作成との記載。